おせち料理の意味と由来 歴史 いわれ

【博多久松】4年連続おせちで唯一の楽天グルメ大賞受賞!

「博多」購入プロモーション
≫≫ 博多久松の絶品おせち【ご購入】はこちら ≪≪

おせち料理の歴史と意味・由来とは

おせち料理は江戸時代の後期に出来上がりました。もともとは、お節供といい年の神様にお供えするものでした。新しい年の神様をお祭りして、おせち料理を備えて神様の前で家族みんながその年の無事をお祈りするために始まりました。今でもおせち料理は、家族そろっていただきます。

おせち料理を重箱に詰めるという風習は、最近になってできたもののようです。中には、重箱には詰めずにそれぞれの料理をお皿のままで食すという家庭もあるようです。おせち料理を重箱に詰める理由の有力なものは、デパートのおせち料理の販売からだと言われています。

おせち料理は、関西と関東では少しずつその内容やおせち料理の作り方に違いがあります。たとえば関東のおせち料理では伊達巻が主流なのに対して、関西では出し巻きを詰めます。関東ではごぼうはささがきごぼうですが、関西ではごぼうのたたきです。これは、その土地で収穫できるごぼうの種類によるようです。

おせち料理を作る家庭は年々減っているようですが、おせち料理をお正月に食す習慣は日本人にはまだまだ根強くあるようです。けれども、家庭の中にはお正月を海外や国内の旅行で過ごす人も増えて来て、家で正月を過ごさない人もいます。お正月の過ごし方に対する考えが柔軟になってきていると言えます。

おせち料理に詰めるもののいわれと意味

お正月も二日目になると、おせち料理も蒸したり煮なおしたりと手を加えなければならなくなります。今では冷蔵庫で保存することが出来るようになりましたが、江戸時代や明治時代などは保存方法がないため、冬だといっても、すぐに火を通すなどして手を加えなければなりませんでした。

おせち料理は材料から作るのが一番ですが、最近は家族形態も核家族化して食べる人数も減り、食べる量が少なくなっています。そこで、好きな惣菜を少しづつ買って、重箱に詰めるといったおせち料理が人気を得ています。そして、家族みんなが大好きな料理は材料から作ればいいのです。

おせち料理に詰めるものには、それぞれのいわれがあります。例えば、数の子なら子孫繁栄であったり、鯛めでたいそれに昆布はよろこぶなどです。黒豆とごまめは、まめで出世を願うものであるようです。社会生活をうまくこなし、子孫を繁栄させ、健康で長生きするという意味が込められているようです。

おせち料理と言えば、私はごまめが好きだとか私は黒豆が好きだなど、それぞれの好みがあるようです。最近は、若者の食生活が洋食化し、ファーストフードなどを好むようになって来ました。こういう時代にこそ、栄養満点のおせち料理を家族で食べることには大きな意味があると言えます。

おせち料理の材料と重箱の詰め方

おせち料理は、重箱に詰めますが詰める具にも一応の決まりがあるようです。おせち料理の重箱の一の重には祝肴、二の重には酢の物そして三の重には焼き物といった具合です。また関西と関東ではおせち料理の詰め方そのものに違いがあったようです。いずれにせよ、おせち料理を運んだ時に形が崩れないように詰めなくてはなりません。

おせち料理の材料やレシピは、たくさんありますが、その家族の好みに合わせて作るのが一番良いと言えます。黒豆や栗きんとん、それにたたき牛蒡に酢レンコンなど料理が決まったら、後は作る順序も考えに入れて作ります。おせち料理は一番日持ちのするものから作り始めて、冷蔵庫に保存します。

昔も今もおせち料理のお重は四重であるのが基本です。そして、それぞれ一の重から詰めるものが決まっているようです。おせち料理は場所によってもさまざまな説がありますが、一の重は三つ肴といって、祝いの肴を入れます。関東では黒豆、数の子、ごまめで関西ではごまめが牛蒡に変わります。

高島屋や三越などデパートのおせち料理の売り上げが増加するようになると、デパートに限らずおせち料理を扱うお店やホテルも増えてきました。出前専門の寿司店や回転寿司店などが年末に近づくといち早くおせち料理の注文を受け付けるようになっています。おせち料理を早めに予約することで割引優待が受けられるところもあります。インターネットでのおせち料理の通販や宅配も人気です。

おせち料理の二の重,三の重,四の重の意味

昭和の時代には、大晦日の日にはどこの家庭でも、ぷうんとおいしそうなお煮しめの臭いが漂っていたようです。家族の中の女性がおせち料理に腕を振るう時でした。そして、おせち料理が出来上がると、女の人は台所で忙しく家族の食事を作らずにいられるのどかな元旦を迎えます。

年末になると、特に賑わうのが惣菜屋さんだといえます。市場の中でも昔から惣菜売り場にはたくさんの人だかりがあります。おせち料理に詰める料理を買う人達でいっぱいです。家庭で料理をするとなると、量がたくさんになりたくさんの種類の材料がなかなか用意できません。

おせち料理の二の重にはブリの照り焼きや海老の塩焼きなどの焼き物が入ります。三の重には酢の物が重に入れられます。酢レンコンや赤白のなますなどです。白のなますは大根で赤はにんじんで作られます。四の重は四が不吉な数なので与の重と呼ばれています。ここには煮物が入れられます。

おせち料理は、もはや今では作る時代から買う時代へと変化してきました。おせち料理のお取り寄せも人気です。それは、量や種類の問題もありますが、一つに女性が忙しくなってきたからと言えます。現代は働く女性が増えてきました。専業主婦の人はだんだん少なくなっています。おせち料理をのどかに作れる時間がなくなってきたとも言えます。おせち料理をデパートや通販で購入するなら、おせち料理のお取り寄せ人気ランキングなどを参考にましょう。

また、京都老舗の大原三千院が送る新春を華やかに彩る伝統の御節(おせち)も限定販売されていますよ。限定300セットだそうです。さらに女優、松岡きっこさんが創作した「家族」をテーマにした愛情溢れる御節(おせち)も用意しているそうですよ。なんと「ひろしま駅弁のおせち」なんてのもあります。